業務形態の違いを把握する

髪を触る

大きく分けてメンズエステには2種類の業務形態があります。
一般的なマッサージ店と同じですが、店舗を構えて男性客を待つ「店舗型」と、男性客からの要請に応じて現場にセラピスト自ら向かう「出張型」という種類違いがあるのを知っておきましょう。
メンズエステ求人は待遇条件なども気になる部分ですが、大前提として店舗型なのか出張型なのかは働きやすさに直結する事なので、求人応募先がどちらなのか忘れずに確認しておいて下さい。
最近ではフットワークの軽さが男性客から受けている事もあり、出張型のメンズエステ求人が多くなっている傾向にあります。
こちらは個室で男性客と一対一という緊張感を、デメリットと捉えるかどうかで働きやすさが変わってくるでしょう。
そこが許容できれば、広い範囲の男性客をターゲットとしている出張型は仕事に困りにくいメンズエステ求人です。
集客力がシンプルに高いので、安定したメンズエステ求人を狙うなら出張型を選択すると良いでしょう。
対して店舗型ですが、何といってもお店に守られている安心感があります。
男性スタッフもすぐ近くで常駐していますので、万が一客とトラブルが起こっても、サポートに駆けつけてもられる心強さがあるのです。
ただ前述したように施術スペースもターゲットにしている男性客も限られますので、大きく稼ぐには余程の人気メンズエステ店で働く必要があります。
これら2種類それぞれのメリット・デメリットを考慮したうえで、メンズエステ求人の応募先は選択していくと良いでしょう。